設計智慧化は標準化、モジュール化、自動化によって智慧化が実現されます。デザインは製品をデザインするだけではなく、さらに製造工法を結合し、製品の初期設計の際に製造の利便性も考慮され、設計と製造を一回目から誤りなく完成できて、インターネットインターフェースを通じ、コミュニケーションに言語、地域、時差などの制限がなくなります。

由縁:

お客様からテレスコカバーの修理のご希望を受けて、エンジニアはお客様のところで実機の測量と図化を行う必要があり、また社に戻って設計仕様書を参照しながら製図を描いて、こうして通常480分かかり、誤りなしを保証できません。もし地域と言語のギャップがあった場合、時間や品質維持には何倍の時間もかかります。

原設計のリードタイム:480分

1 実機の測量と図化

2 設計仕様書を参照

3 人工で3データを作成

進化を実現:

2017年当社は設計智慧化を導入し、標準化、モジュール化、自動化により智慧化を遂げ、設計ノウハウと製造技術を統合し、お客様から必要な条件とニーズを入力すると、コンピューターによる3D図面、3D図面、分解立体図、展開図、BOMを自動生成します。

成果:

全ての計算時間はわずか8分で、入力パラメータと照合も48分しかかかりません。こうして大幅に設計L/Tを短縮し、素早くお客様のニーズに対応できます。今まであったことのない仕様ても自動停止し、正しい設計だけをする、知識の蓄積をしますし、一回目から正確にします。永遠に間違いがない、地域や言語、時差に制限されません。

設計智慧化:L/T=48分
smart4
20 mins

1 Webから必要なパラメータを入力する

8 mins

2 コンピューター自動設計(演算+校正・照合)

20 mins

3 3D図面を自動生成